浄水器 SEAGULL®IVの取付・カートリッジ交換方法|アンダーシンク

アンダーシンク

カートリッジ交換

カートリッジ交換をはじめる前に

アンダーシンクタイプの場合は、浄水システム側の止水栓を必ず閉め、(見あたらない場合は水道の元栓を閉め)浄水システム専用水栓から水が出ないようにしてください。その後、専用水栓を開放し、余圧を抜いてください。また、水で周囲を濡らさぬよう、本体を洗面器やバケツ等の中へ入れてからカートリッジを交換してください。

  1. 浄水レバーを開き、水を流した状態にします。

  2. シンク下にある止水栓を閉栓します。

  3. ユニット内に溜まった水が漏れますので、カートリッジ交換作業の前に洗面器やタオルなどを用意し、本体ユニットを取付けフック板から外します。

  4. ホースをワンタッチジョイント部から外します。ユニット本体をシンクの上へ移してから、V-クランプナットをゆるめて、V-クランプを外します。

    Note
    V-クランプの着脱が固い場合には、軍手を着用する等してください。ケガをする恐れがあります。
    Point
    ホース着脱時はワンタッチジョイントのロック解除位置にあわせて、スライドリングを引き上げます。
  5. 本体ユニットを上下に分割します。分割しにくい場合には

    1. 何か固いもので、ユニットの合わせ目に傷が付かないように振動を与えてください。
    2. それでも開かない場合には合わせ目をマイナスドライバーでこじ開けてください。
  6. カートリッジを左回しにねじって本体から外します。

  7. 新しいカートリッジを、本体ユニット上部・内部中央にあるネジ部に、右回しに真っ直ぐに締め込みます。ゆっくり締め込んでいくと固くなります。そこからさらに1/4回転締め込んだところで終了です。

    Note
    カートリッジ部分の白い紙(不織布)ははがさないでください。取付け時にカートリッジは無理に締め込まないでください。ガスケット接着部がはがれて正しく浄化されない場合があります。また、真っ直ぐに締め込まないとカートリッジが破損する場合があります。
  8. カートリッジの取付けが終わったら、本体ユニット部にユニット用パッキンが装着されていることを確認した上で、本体ユニットの上下を合わせてV-クランプを装着します。

    Point
    V-クランプ装着時にV-クランプの内側とユニットのつなぎ目に水グリースを塗っておくと次の取り外しがスムーズになります。(水グリースは、ホームセンターなどでお買い求めになれます)
  9. V-クランプナットを締めて完了です。

    Note
    V-クランプは締めすぎないでください。締めすぎると破損する恐れがあります。
  10. ホースを装着し、本体ユニットをホースが折れ曲がったりねじれたりしないように、元のフック板に戻します。

  11. 最後に止水栓を開栓し通水します。接続部から水漏れがないことを確認しそのまま3分以上放流して、カートリッジ内の不安定な吸着剤や空気を出します。

Note
カートリッジ取付け後は3分間以上浄化水を流してください。(不安定な吸着剤が混入しており飲料不可ですので必ず放流してください。)使い始めの水は、不安定な吸着剤が混入し黒く濁って見えることがありますので捨ててください。また、カートリッジ内部の空気が完全に出るまでは細かい気泡が入って白く濁って見えたり、水切れが悪いことがあります。このような現象は3~7日程度でなくなります。