浄水器 SEAGULL®IVの取付・カートリッジ交換方法|カウンタートップ

カウンタートップ

取付方法

本体ユニットの組立とカートリッジの取付け

  1. V-クランプナットを緩めて、V-クランプをはずし、ステンレス容器を上下に分割します。

    Note
    V-クランプの着脱が固い場合には、軍手を着用する等してください。ケガをする恐れがあります。
  2. ステンレス容器上部・内側の「白(または青)いガスケット」と「中心のネジ」の位置を確認してください。

  3. カートリッジを「2」で確認したネジに、右回しに真っ直ぐに締め込みます。ゆっくり閉め込んでいくとガスケット部分にぶつかり固くなります。そこからさらに1/4回転締め込んだところで終了です。

    Note
    カートリッジ部分の白い紙(不織布)ははがさないでください。取付け時にカートリッジは無理に締め込まないでください。ガスケット接着部がはがれて正しく浄化されない場合があります。また、真っ直ぐに締め込まないとカートリッジが破損する場合があります。
  4. カートリッジの取付けが終わったら、ステンレス容器下部にユニット用パッキンが装着されていることを確認した上で、ステンレス容器の上下を合わせてV-クランプを装着します。

  5. V-クランプナットを締めて完了です。

    Note
    V-クランプは締めすぎないでください。締めすぎると破損する恐れがあります。
  6. ステンレス容器上部のノズル取付け口に専用ノズルをねじ込みます。回らなくなったら1回転戻して終了です。

  7. ホース先端金具の内部を水で濡らし、すべりやすくしてから、ホースをステンレス容器上部のホース取付け口に取付けます。

    Note
    リリースボタンが、“カチッ”と音がして、元の状態に戻りホースが抜けないことを必ず確認してください。
  8. これで本体のセットアップは完了です。

    Note
    タブストッパーは、ホースの飛び抜けを防止するものです。図のようにホース両端のリリースボタン部分に差し込んでご使用ください。
カウンタートップ

カートリッジ交換方法

カートリッジ交換をはじめる前に
水道の蛇口を必ず閉め、水で周囲を濡らさぬよう、
本体をシンクの中へ入れてからカートリッジを交換してください。

動画で確認する動画で確認する

  1. V-クランプナットをゆるめ、V-クランプを外します。

    Note
    V-クランプの着脱が固い場合には、軍手を着用する等してください。ケガをする恐れがあります。
  2. 本体ユニットを上下に分割します。分割しにくい場合には、先端の細いマイナスドライバーなどに(本体にキズが付かないよう)布等をかぶせ、上下ユニットの隙間に少しずつ差し込み開けてください。

    ※この場合本体ユニットにキズを付けないよう、十分ご注意ください。

  3. カートリッジを左回しにねじって本体から外します。

  4. 新しいカートリッジを、本体ユニット上部・内部中央にあるネジ部に、右回しに真っ直ぐに締め込みます。ゆっくり締め込んでいくと固くなります。そこからさらに1/4回転締め込んだところで終了です。

    Note
    カートリッジ部分の白い紙(不織布)ははがさないでください。取付け時にカートリッジは無理に締め込まないでください。ガスケット接着部がはがれて正しく浄化されない場合があります。また、真っ直ぐに締め込まないとカートリッジが破損する場合があります。
  5. カートリッジの取付けが終わったら、本体ユニット部にユニット用パッキンが装着されていることを確認した上で、本体ユニットの上下を合わせてV-クランプを装着します。

    Point
    V-クランプ装着時にV-クランプの内側とユニットのつなぎ目に水グリースを塗っておくと次の取り外しがスムーズになります。(水グリースは、ホームセンターなどでお買い求めになれます)
  6. V-クランプナットを締めて完了です。

  7. ノズル、ホースを装着し、本体を元の位置に戻します。

Note
カートリッジ取付け後は3分間以上浄化水を流してください。(不安定な吸着剤が混入しており飲料不可ですので必ず放流してください。)使い始めの水は、不安定な吸着剤が混入し黒く濁って見えることがありますので捨ててください。また、カートリッジ内部の空気が完全に出るまでは細かい気泡が入って白く濁って見えたり、水切れが悪いことがあります。このような現象は3~7日程度でなくなります。