SELF
MAINTENANCE: 浄水器 SEAGULL®IVのセルフメンテナンス

セルフメンテナンス

シーガルフォー製品を安全に美しくご使用いただくために

シーガルフォーをより美しく、快適にお使いいただくために、取付方法、カートリッジ交換方法、ステンレス部分のメンテナンス方法、また、「D用ノズル」が破損した場合の除去方法、をご紹介します。より快適な毎日のご使用にお役立てください。

取付・カートリッジ交換方法

本体ユニットの組み立てやカートリッジ取付け・交換はご自身でも可能です。カウンタートップタイプ、アンダーシンクタイプそれぞれの手順をイラスト付きでご覧いただけます。

ステンレスのお手入れ方法

シーガルフォーの本体や一部パーツはステンレス製です。
ステンレスは耐食性・耐久性にとても優れた金属ですが、これは、表面に厚さ100万分の3mmといわれる不動態皮膜(保護皮膜)を生成する特性によるものです。
例え一度壊れても周りに酸素があれば自動的に再生が可能なため、表面に付着した水滴や汚れを乾いた布等でこまめに拭き取れば、輝きを維持することができるのです。

お手入れの注意事項

  1. ステンレス表面に研磨目(磨き方向)がある場合
    ステンレス表面を横から見ると一定の方向に流れの目が見える場合があります。その流れの目を研磨目といい、その目に沿って、柔らかい布などで均等の力でこすります。研磨目を崩すと光沢が失われます。
  2. 粒子の粗いクレンザーや金属・ナイロンたわしは使わないでください。表面を傷つけ、金属たわしの鉄粉がもらいサビの原因になります。
  3. 日常のお手入れには、中性洗剤をお使いください。
    中性以外の洗剤(酸性・アルカリ性、漂白剤や塩酸・硝酸・タオル洗浄剤など)は、使わないでください。
  4. 清掃後には、乾いた布等で水分をしっかり拭き取ってください。
  5. 外面のお手入れは、上下のユニットを外さずに、そのままの状態で行ってください。
  6. カートリッジは交換時期以外での取り外しを原則禁止しています。

ステンレスのお手入れ方法

1. くもりをとる

水滴が付着したまま放置すると、水中に溶け込んでいるカルシウムが酸素や二酸化炭素と結びつき、白色の固形物となります。水に溶けにくい炭酸カルシウムやケイ酸として蓄積していきますので、早めに以下のお手入れをおすすめします。

  1. レモンでこする
    絞った後のレモンの内側を使ってステンレスの表面をひと磨きします。水垢もとれ、くもり止めの効果も得られます。水で薄めた酢を使ってもほぼ同様の効果が得られます。
  2. 温水をかける
    水垢や油汚れが付いた部分にお湯をかけ温めます。その後、柔らかいスポンジや毛先が樹脂製のキッチン用ブラシにクリームクレンザーをつけて、軽く擦ると効果的です。

ステンレスのお手入れ方法

2. 水垢や白い点汚れを落とす

水中に含まれるカルシウムやカルキは、長い時間放置されることで空気と結びつき、白い固形物となっていきます。固着するとさらに同じ箇所に水滴が溜まるようになり、相当頑固な汚れになることも。
軽度な場合はくもりを取る時の方法で充分ですが、さらに強固な汚れには、重曹やクリームクレンザーをお試しください。

  1. 重曹で磨く
    気になる箇所に重曹を振りかけ、やわらかいスポンジで磨きます。スポンジは水気がない方が良いため、よく絞ってお使いください。
    環境にも優しい重曹は、ステンレスシンクの清掃にも充分威力を発揮します。茶渋やコーヒーのシミなどにも有効なので、塩やコショウなどの空容器に準備しておけば、日々の清掃にもすぐに使えて便利ですね。
  2. クリームクレンザーで磨く
    少量のクリームクレンザーをスポンジ(柔らかい面)につけ、汚れの気になる箇所に、ステンレスの研磨目に沿って軽くこすります。
    汚れが落ちにくい場合は、お湯をかけ、温めてからお試しください。

ステンレスのお手入れ方法

3. 黒ズミやサビを落とす

ステンレスの黒ずみは、金属タワシやその他の金属製品との接触でおこります。多くはもらいサビですが、時間の経過と共に強固なサビになるため、注意が必要です。黒ずみやサビに気付いたら、クレンザーをおすすめします。

  1. クリームクレンザーで磨く
    柔らかいスポンジにクリームクレンザーを適量とり、ステンレスの研磨目にそって、軽くこすります。また、野菜の切りクズに粉末のクレンザーをつけてこすると、傷をつけずに汚れが落とせます。
    大根の切れ端にクレンザーをつけてこすると、汚れがスッキリ取れます。クレンザーの粒子が大根の切り口に沈むので、力をいれてもステンレスを傷つける心配がありません。
  2. 磨いた後の仕上げ
    洗剤を水で流したら、乾いた柔らかい布で水分をしっかり拭き取ります。仕上げには、サラダ油を少し含ませた布か、絞りきったレモンの皮で磨きます。光沢も出て、汚れの防止にもなります。
    汚れが落ちにくい場合は、お湯をかけ、温めてからお試しください。

折れたD用ノズルの除去方法

経年劣化による金属疲労で、主に左右に振られる際に負荷のかかる、ノズル根元部分のネジ部の破損が報告されました。その場合、本体内に残材(折れたネジ部)が残されますので、ノズル自体の交換とともに、本体内の残材除去をお願いします。

  1. 残材に幅の広いマイナスドライバーを差し込む
    サイズの合うマイナスドライバーが無い 場合は、割り箸などでも代用できます。本体及びバルクヘッドにキズが付かないよう十分注意してください。
  2. ゆっくりと反時計まわりに回す
    万一除去出来ない場合はお手数ですが、ご購入いただいた販売店もしくはカスタマーセンターまでお問い合わせください
    除去作業時の注意事項
    1. 除去作業の際には、本体への傷付け防止のため、ご不要なタオル等で、接触面の保護をお願いいたします。
    2. 怪我の予防のためにも、作業の際には軍手・手袋類をご使用ください。

旧タイプノズルをご使用のお客様へ

2004年以前の旧タイプノズルをご使用のお客様にはステンレス製ノズルへのお取り替えをおすすめします。
オールステンレス化により、さらに強度も向上しており、より長期に渡り、快適にご使用いただくことが可能です。
旧タイプをご使用のお客様には、バルクヘッド交換をセットにした「メンテナンスパック」をご用意している販売店もございますので、お買い求めの販売店もしくは、カスタマーセンターまで、お問い合わせください。

残材に幅の広い
マイナスドライバーを差し込む
ゆっくりと
反時計まわりに回す
残材が取り除けます
現行タイプノズル
旧タイプノズル